また、せっかく利用した人でも世帯年収別に見ると高年収層で「食事」や「買い物」が多く消費活動を行っていますが、低年収層では「自宅で過ごした」が多くなっており、過ごし方はライフステージより可処分所得の影響が大きいことが伺えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA