まずわかったことは、Googleでは、「どんな大学を出たか」は入社後のパフォーマンスと相関関係がなかったことがわかりました。次にわかったのは、「これまでの人生で苦労をしたかどうか」でした。人生の中で、戸惑ったり、脱線したり、事故にあたり、病気になったり、浪人したり、好きな人を失ったり…。そういった苦労した人たち、挫折した人たちは、会社のなかでパフォーマンスを発揮していました。挫折というのは、自分自身を見つめ直すチャンスです。アイデンティティを作り直す機会でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA