当時の女学校は在学中に縁談が決まったら順番に退学していくんですよね。寿退社ならぬ寿退学。卒業が近づくにつれてひとりまたひとりと友達の姿が消え、次第に空席がちになる教室。当時の少女たちの青春というのはそのような光景であり、だからこそ「いのち短し恋せよ乙女」というあの詩が流行るんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です