世の中には、年俸制や定額残業手当制と称して残業手当を支払わない会社が沢山あります。きちんと満額払っている会社があるのかと思うぐらいに。
国税庁の平成18年末「民間給与実態統計調査」をベースに、いったいその全体額はいくらかと計算してみると、
・サラリーマン人口 4,485万人
・その平均給与 435万円
・うち低く見積もってサービス残業分が10%
・遅延損害金、付加金は含まず
としても、労働者が遡って請求できる2年分の総額として

435万円×10%×2年分×4,485万人=39兆円

の債務が企業側に眠っている計算にwww。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA