gkojax:

pekoさんのツイート: 〔立ち入り禁止〕から〔帰れません〕に注意書きを変えたらルール違反をするスキーヤーが激減した話が好き https://t.co/zliY8pgRap

1993年、日本にアジア太平洋地域インフルエンザ・センターが作られた。

それまでアメリカ、イギリス、オーストラリアにしかなかったセンターが 日本に設置されることになったのは、なぜか。

インフルエンザ・ワクチンは、毎年、WHOの専門家会議で、データをもとに今年流行しそうな インフルエンザを決定し、それに基づいて製薬メーカーがワクチンを作っている。 それまで日本はその元になるアジア各国の膨大なデータを収集し WHOに送付する仕事だけをやっていた。

担当していた根路銘国昭氏は、これだけの仕事をやってるのに、 日本にインフルエンザ・センターがないのはおかしいとWHOに手紙を書いた。 それに対する返事は 「WHOも国連の安保理と同じで第二次大戦の戦勝国で構成している。 よって日本は入れない。」というものだった。
彼はさらに抗議の手紙を送ったが返事は同じ。
それどころか、WHOに批判的人物として、彼と日本に対し冷淡になったという。

ここで普通の日本人ならどうするだろうか。なんとか謝罪して、今までどおりの扱いにしてもらおうと努力するか、そもそも抗議など最初からしないかもしれない。

だが根路銘氏は違った。なんと、日本が集めていたアジアのデータを1年間、WHOに送るのをやめたのだ。 インフルエンザの大半はアジアから発生するから、そのデータがないと ワクチンが作れない。WHOは大騒ぎになったという。

そして翌年、根路銘氏にWHO専門家会議への招待状が来た。
その会議で、日本にアジア太平洋地域のインフルエンザ・センターを 作ることが決定され、彼が初代センター長に就任することになった。

こうしてインフルエンザセンター長になった根路銘氏だが、 WHOはアメリカの製薬メーカーの意向を受けた学者が力を持つ世界だった。

1993年フランスで開かれた国際会議で、アメリカが新開発した 生ワクチンを、まず日本で使うべしという議題があがった。
日本は生ワクチンの効果には疑問をもっていて既に使わなくなっていた。
根路銘氏は、「日本を実験台にして、うまくいけば各国で使うつもりだろう」 と感じたという。その会議には日本の学者も数十人参加していたが誰も反対しなかった。

根路銘氏ひとりが、「日本は先進国であり、ワクチン政策に君たちの指導を 必要とする国ではない」と反論した。 そこでアメリカの学者に、君たちのデータをOHPで映してほしいと頼んだ。 そして日本のデータと比較すると、日本のワクチンの方が明らかに 効果があるとわかり、他の学者からも「ネロメの方が正しい」 と意見があがった。 こうしてこの議題は流れ、日本人がモルモットにされるのを防いだ。

またジュネーブのWHO本部で12人の専門家によるワクチン決定の投票において、 アメリカのワクチン11票、日本のワクチン1票でアメリカ製に決まった。 もちろん1票は根路銘氏のものだ。根路銘氏は科学的に見てこの結果はおかしいと 閉会30分のコーヒーブレイクのときに、2日間の討議で使った110カ国のデータを つき合わせてコンピュータにかけた。するとアメリカ製は日本の半分しか効果がないと出た。

彼はこの結果を見せて、居並ぶ学者たちに 「君たちは政治家か、科学者か。科学者ならこのデータをどう見る」 と問いかけた。すると議長がテーブルを2回たたいて 「私の判断で採決を取り消します。ドクターネロメが提案した日本の意見に従います」 と結果をひっくり返した。
「まるで映画のようだった」と根路銘氏は言う。

根路銘氏はこうも言っている。 「この会議の後、対立したアメリカの学者とすごく仲良くなった。

(via shinjihi)

y-kasa:

名もなき投資家(一般市民・立憲主義)さんのツイート: “【榊原経団連会長(国民の痛みを伴う)発言集】 軽く調べてみただけなんだけど・・・怖っ(ー ー;) https://t.co/ecAm9P4xVN”

camellia:

お茶吹き出したww
#池上選挙 https://t.co/vWfHP2mRAH
​2017-10-22T14:22:47.000Z

■社会学者の一般的な研究方法

1.日常生活の中や、新聞・雑誌・テレビの報道などから、気にくわない人間、こてんぱんにやっつけてやりたい憎たらしい相手を見つけ出します。これは、個人的な感情に基づいたものでかまいません。
(例・最近の若い奴らは講義の間、やたら私語が多い。私の素晴らしい講義を真面目に聞かないなんて、けしからん)

2.その批判対象となる人たちが、なぜ気にくわないのか。落ち着いた雰囲気の喫茶店で(ドトールや、とりわけスタバは、アホ女子大生の巣窟なので適しません)コーヒーでも飲みながら、結論を出します。これももちろん、個人的な感情論で結構です。理系の学問ではこの段階の意見を仮説と呼びますが、社会学にかぎっては、仮説と結論は同義です。
(例・あいつらは親のスネばかりかじって、自立していない。だから自分勝手だし、私の講義の素晴らしさにも気づかないのだ)

3.資料やデータを収集します。このとき注意しなければならないのは、自分の結論を裏づけるのに都合のいい証拠だけを集めるということです。高いコーヒー代を払ってせっかく練り上げた結論なのですから、大切にしましょう。それを否定するような資料やデータは見て見ぬふりをします。
(例・フリーターが増加するのに連動するように、私の講義の出席人数は年々減少している。そして、こどもの出生率も同様に低下している)

4.なお、データの一部分だけを抽出したり、意図的に資料を誤読したりするのは、社会学研究上での重要なテクニックですので、日々研鑽に励まねばなりません。統計学の手法を用い、重回帰分析などのテクニックを使用するのも有効です。学力低下のおかげで、算数の不得意な人が増えたので、たやすく煙に巻くことができます。

5.手頃なデータが手に入らないときは、海外に目を向けるのも大切です。「アメリカでは……」「イギリスでは……」と具体例を引くことで、日本人の西洋コンプレックスを上手く利用しましょう。ただし、日本より劣る点には、目をつぶらねばなりません。「イギリス人はみんな立派で、日本人のようにふにゃふにゃしていない」これは結構です。でも、「イギリス貴族はみんなホモ」「イギリスの若者はみんな失業中で薬物中毒」などの具体例は(たとえそれが公然の秘密であっても)逆効果です。

6.データをもとに本を書きます。論文ではなく、本です。論文を読むのはごく一部の物好きだけです。近年の創刊ラッシュにより、新書なら比較的楽に出せます。ハードカバーでなきゃ、というプライドは捨てましょう。そして、この段階で、個人的な恨みつらみの要素は取り除かねばなりません。ひねり出して磨き上げた個人的な結論を、一般的な社会問題にすり替えて大袈裟に煽り立てましょう。
(例・フリーターの増加と少子化は明白な相関関係にある。したがって、なまけている若者を真面目に働かせることが、日本社会再生のカギとなることは言をまたない)

7.マスコミの注目を集め、取材や原稿、講演の依頼が殺到します。ちなみに講演のギャラは、一回90~120分で50万円が相場です。555,555円にしておけば、税引後ぴったり50万円が手元に残ります。

最初にツチヤが投稿を始めたのは『ケータイ大喜利』(NHK総合)だった。
友達がまったくいなかった高校1年の時に「レジェンド」になると決意したツチヤは、まず番組で紹介されたネタをすべてノートに書き起こした。すると、採用されるネタのパターンが分かってきた。おおよそ13パターンだったという。それから、その13パターンをもとに、1日100個のボケを考えるというノルマを自分に課した。最初は1分で1個というペースだったが、日を追うごとに早くなり、高校を卒業する頃には、1日のボケのノルマが500個にまで増えていた。
19歳の頃、番組に初めて採用されると、その後もボケのノルマを増やし続け、日に2000個にまで達した。そして21歳の頃、ついに「レジェンド」になった。
その後、ツチヤの投稿先がラジオと雑誌に変わっていったのだ。
若林は、ある日の放送で「プロになればいいのに」と呼びかけた。
すると、ツチヤから一通のメールが届いた。そこにはたった一言、こう書かれていた。
「人間関係不得意」実はツチヤは、『ケータイ大喜利』で「レジェンド」になった後、吉本の劇場の作家になっていた。
しかし、そこはツチヤの理想とはかけ離れていた。作家はその笑いの才能よりも人間関係のうまさが重視される世界。
一部の人からは笑いの才能を認められたものの、人間関係を顧みないツチヤは周囲から疎まれ浮いていった。
そしてわずか3ヶ月で劇場を半ばクビのような形で追われることになったのだ。
彼がラジオの投稿に走っていくのはその後だった。
そんな彼に信じられないことが起きる。
何気なくテレビで『アメトーーク!』(テレビ朝日)を見ているときだった。
「ツチヤタカユキっていうハガキ職人がいて、放送作家にスカウトしたら、“人間関係不得意”って断られた」
若林がそんな風に話したのだ。
時間にするとたった3秒程度。だが、「その3秒のために、僕はずっと、このどうしようもない日々を生きてきたような気がした」(※1)とツチヤは言う。
ツチヤは誠心誠意、若林に宛て手紙を綴った。そしてかつて若林がラジオで口にした言葉を思い起こし、こう締めくくった。
「『漫才を一緒に作りたい』と言って下さっていましたが、もし、あれが本気で、もしまだ可能でしたら、漫才を一緒に作らせて下さい」(※1)
そうしてツチヤタカユキはオードリーの漫才作家として、彼らの単独ライブの漫才を書くために上京した。
連日のように2人は顔を合わせ、ネタを作り続け、その成果が2013年の単独ライブ『オードリーのまんざいたのしい』となった。
そんな中で若林はツチヤを放送作家として独り立ちさせようと、挨拶や人付き合いの重要性も教えていた。するとツチヤが言った。
「能力よりコミュニケーションが優先されるんですか?」
「そうだとしたら、どう思う?」
若林が問いかけると、ツチヤはまっすぐこう答えた。
「クソだと思います」
若林はその場が凍りつくかと思った。だが、そうはならなかったという。同席していたスタッフたちも目を見合わせて「懐かしいな~」と笑い合った。
若林もスタッフたちも「かつてそういった想いを飽き飽きするほど通過してきたから」だ(※2)。
ツチヤタカユキは「初期衝動」そのままなのだ。
「初期衝動」をぶつけることにしか興味がない。それ以外の努力は時間のムダだし、それを邪魔する要素はすべて「悪」だった。
あまりにも純粋。だが、純粋さは先鋭化すると周囲や自身を傷つける凶器になってしまう。そうなると、ほとんどの人は離れてしまう。そうならないために人は折り合いをつけていく。それが社会であり、人間関係というものだ。
けれど、本当は「初期衝動」のままでいたい。そう思うのが表現者というものだ。
だからこそ、それを貫こうとするツチヤに若林は過去の自分を見たのだろう。
ツチヤが人間関係や企画書を書くなどという作家仕事が嫌になり、東京での作家生活を辞め大阪に帰ると言い出した時も、若林は必死に説得した。
「俺たちみたいな人間こそ経済の中で我慢しながら好きなことにしがみついて、その先で市場からお金を巻き上げてやるべきなんだ」
だが、ツチヤの心にその言葉は響かなかった。
「いろんなことを我慢しながら好きなことをやろうとしている皆さんほどお笑いを愛せていませんでした。それと、金持ちになんてなりたくないです」(※2)
彼のあまりあるほどの笑いの才能の中に、ほんの少しでも「生きる才能」があれば、と思う。
『笑いのカイブツ』は、彼の「好き」を守るための戦いの記録だ。それを人は「青春」と呼ぶのかもしれない。
彼のむき出しの初期衝動は、世界と正面衝突した。
けれど、『笑いのカイブツ』を読むとこう思わずにいられない。
どうか、世界を憎まないでほしい。その世界の中にこそ、あなたが愛し、人生を捧げた笑いがあるのだから。
(引用元)
※1 ツチヤタカユキ:著『笑いのカイブツ』(文藝春秋)
※2 若林正恭:著『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』(角川文庫)