穀物を粉にする必要があった西洋では、粉ひきは重要で苛烈な仕事であった。
中世、風車が考案されると、領主たちはこぞって風車を設置した。 そして石臼の個人所有を禁じ、風車の利用を強制し始める。
そのため、風車は民衆から権力の象徴として標的にされた。

ドンキホーテが風車に向かって剣を抜き、突撃した物語にはこのような背景がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA