ストーブに触ったらいけないことを学ばせるためにまだ言葉が十分に通じない子供にストーブに触らせる(痛い思いをさせる)必要は無くて、親がストーブに触って「あちっ」と痛い目を見ている『芝居をする』だけで十分学習する。のだそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA