カップ焼きそばを作るには、ただ熱湯を注ぐだけでなく「買ってくる」、「ソースを入れる」など前後に様々な工程があり、パッケージには「熱湯3分」とだけ書いてあっても実際の納品までは10分弱かかる計算なのです。これが、エンジニアが納期を想定の倍以上見積もったほうがいい理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA