居住者かどうかは、その者の①日本での滞在日数、②生活場所及び生活状況、③職業、④配偶者や家族の状況を総合的に判断するとしているが。 税務署側の判断では、家族全員が国外、国内に職業もない、1年の半分も日本にいないにもかかわらず、日本の「居住者」と認定される事案が増加している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA