世界で大ブームとなったサービスの中には、最初に日本で火がついたものがたくさんある。MMO(大規模多人数同時参加型オンラインゲーム)の先駆けである「ウルティマオンライン」や、YouTubeの黎明期にも、言語の壁を超え、日本人ユーザーの存在感がすさまじかった。海外でもこの点に注目する人は少なくなくて、「ポケモンGO」を作ったナイアンティックのジョン(・ハンケCEO)も「日本ではやっているものが数年後、世界ではやる。だから僕はそれを知りたい」と話していた。

そういう洗練された日本のユーザーというのは、普及する初期からネットを使っていた「原住民」。彼らの動向を観察することはビジネスにおいてすごく価値がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です