――そこからどのように今のポジションまで上り詰めたのでしょう?ルドン氏: 最初はその自動車会社で、短期の派遣として勤務していたんです。ちょうどそのときネットワーク関係の大きなトラブルがあって、上層部の役員さんからフランス語の怒りのメールが送られてきたんですよ。――あれ、なんで社内のメールでフランス語なんですか? あっ、もしかしてその自動車会社って、トップがフランス人だった、あの……。ルドン氏: そうそう(笑)。で、「これ英語じゃないよね」「読める人いる?」みたいに現場がパニックになってて、その場でフランス語を読めるのが私しかいなかったので、そのメールに返信したんです。そうしたらその役員から「このメールを書いたのは誰だ? 我々はフランス語ができる人材をちょうど探していたんだ」という指令が来て、流れで派遣から正社員にランクアップしたんです。そこからとんとん拍子で出世して、今に至ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です