面接官「ほう。得意な言語はPerlですか」
学生「はい!」
面接官「では、10000までの素数を出力してください」
学生「system “seq 2 10000 | factor | awk ‘NF == 2’ | cut -d: -f1”」
面接官「げぇっ シェル芸人」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA