労働の対価がお金だと、スーパーへ行って結局決まったものしか買わず、自分の論理空間の永劫回帰の中に溺れるしかないのだが、いろんな種類の野菜を選択の余地なく不可抗力的に与えられるとそれを何とか料理するしかなく、これを「出会い」というのだろうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA