過去、節税対策として利益が出たときにボーナスの上乗せなどにより利益を圧縮するという行為が見られたが、今回ヤマトホールディングスが開発した手法は、全くの新規手法で、利益が出たときに過去の未払い残業代を生産することで損失をより多く計上するほうほうで節税をすることが可能という技

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA