これはちょっとしたコツですが、細切れの成果物を出すと人間は注意力が強くなり重箱のスミをつついてくるので、一気に大量の成果物を粗雑な状態で提出して「方向性間違ってますか?細かいとこは後で直しますんで!とにかく大筋で!」と問うとハードルが突破しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA