逮捕状の被疑事実に「A子(16)が18歳未満の児童であることを知りながら」という記載があるので、その点の弁解が弁解録取されることになります。

 よくある弁護士の誤答は、「警察が来てもそのときに『児童であることを知らなかった』と弁解すれば逮捕されない」というものですが、多くの場合、そんな機会はありません。

 対応策としては、児童だったかもと思った時点で「児童とは知らなかった」と弁護士に相談して詳細な事実関係を添えて警察に相談すると、逮捕されにくいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA