オランダには資本参加免税制度があります。資本参加免税制度とは、海外の子会社からの受取配当金が非課税となったり、その株式を売却したときのキャピタルゲインに税金がかからない優遇税制です。

オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、オーストリア、スペインの資本参加免税制度には、日本のタックス・ヘイブン対策税制が原則適用されません。つまり、日本企業がこうした国に会社を設立することで、同制度の恩恵に与(あずか)ることが可能になります。

仮に、東京電力がオランダの子会社から配当を得ていれば、2008年までは約40%の実効税率で課税され、2009年以降は税制改正による海外子会社配当の95%非課税が適用され、5%について課税が行われていたことになります。

(東京電力も活用!? オランダの「資本参加免税制度」の概要 | 幻冬舎ゴールドオンライン | 富裕層向け資産防衛メディアから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA