ストラテジーペイジの2016-9-14記事
  シリアではゲリラたちが、市販UAV、ゴープロ、市販ワイヤレス機器をクリエイティヴに駆使している。
 特に注目されているのが、2013から手作りのリモコン狙撃ライフルやリモコン機関銃が前線に登場していることだ。
 すべて市販の電子器材をホームメイドで組み合わせたメカニズムだ。総額数百ドルで、こうしたリモコン火器が製作されている。

 現在のところ、20種類以上、確認されている。
 作り手は、各派ゲリラだけでなくて、シリア政府軍までが製作して使用しているようだ。
 敵の電波ジャミングを回避するため、リモコンは有線による。どっちみち、ケーブルで給電するので、それでいい。

 手元の操作盤は、市販ゲーム機器のコントローラーを流用したものもあれば、ラップトップPCのこともある。照準は、ゴープロの小型ビデオカメラなどでつける。

 精確な射撃こそできぬが、敵もまた近寄れない。それで敵は遠くから狙撃しようと試みるが、こっちの銃座には人はいないわけである。
 これらホームメイドの無人銃座は、ビル壁の開口部や、掩蔽擬装された地表のバンカーに設置されている。

 遠くからでは、その銃座に実際に兵員が配置されているのか、それとも無人なのかを、見極めることができない。これは敵方の指揮官を悩ませる。生身の兵隊がいるのならば、そやつらを恐怖させることで退却を誘う戦法がいろいろとある。しかし無人の銃巣に対しては心理的な働きかけは徒労だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA