不動産投資をする事で利益がある人といえば住宅ローン減税で所得税の減税を活かせられるほどの収入がある人不動産の取得を経費として計上できる企業といった所でしょうから節税方法の一種として捉えるべきです。 不動産投資は空室リスク、管理の手間、売却時損益を考えると一般人が手を出すようなものではありません。 今後の日本を考えた場合に不動産は投資として考えず自分で利用し小規模住宅地の減額を利用して相続税減税することで少しでも資産を残す程度のものと考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA