180 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2015/12/19(土) 12:01:26.74 ID:9PVUnhU70 [1/7]在日特権 法人税1967年、同和信用組合(現・朝銀)に国税庁が脱税容疑で強制捜査に入った。在日コリアは、これに対して「納税要求は、民族差別だ」と抗議を繰り返し、「五項目合意」を結ばせた。これにより、朝鮮総連傘下の商工会は、納税が免除されるようになった。五項目合意(1976年、社会党(当時)の故・高沢寅男衆議院議員の部屋で、総聯傘下朝鮮人商工連合会役員と国税当局の幹部の間で取り交わされた) 税務署で暴れて、無理やり優遇処置を取らせた事を自慢する在日コリア「黒い蛇」の遺言状 張龍雲 小学館文庫183 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2015/12/19(土) 12:02:55.93 ID:9PVUnhU70 [2/7]在日特権 法人税パチンコで儲けまくっても税金ゼロ出典:宝島社「北朝鮮利権の真相」 免税特権の酷い実態の一部が1988年のハマコーの答弁より在日朝鮮人の五箇条のご誓文ともいわれている既存特権です。1.朝鮮商工人のすべての税金問題は、朝鮮商工会と協議して解決する。2.定期、定額の商工団体の会費は損金(必要経費)として認める。3.学校運営の負担金に対しては前向きに解決する。4.経済活動のための第三国旅行の費用は損金として認める。5.裁判中の諸案件は協議して解決する。これによって①在日朝鮮人の経営する店舗は、日本の税務署と直接税金について協議する必要が無く、②③④にかかった費用も実際なにに使ったのかノーチェック金額もノーチェック。税務署は、朝鮮人経営者の提出する書類に、朝鮮商工会のはんこが押してあると、もう何も言えません。全部損金で出せば、税金は発生しません。つまり、脱税しようと思えば簡単に出来る特権です。184 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2015/12/19(土) 12:06:34.78 ID:9PVUnhU70 [3/7]在日韓国・朝鮮人は民族系金融機関である商銀信用組合(商銀)や朝銀信用組合(朝銀)を営業しており、これらの金融機関では通名や借名、偽名を使った口座が多数作られ、不正に利用されていた。信用組合関西興銀の背任事件に関連し、当時会長であった李煕健が関西興銀破綻直前から関西興銀や都銀に持っていた「李煕健」名義や通名の「平田義夫」名義で開設していた口座から預金を引き出し、同じく当時会長を務めていた新韓銀行に入金、約30億円を韓国に送金していた。個人資産の差し押さえを免れるための資産隠しが目的であったとされる[31]。なお李熙健は懲役後も新韓銀行の名誉会長や在日本大韓民国民団(民団)の常任顧問[32]の地位に留まっていた。また新韓銀行では2010年の内紛事態に際し、在日韓国人の借名口座が問題になった[33][34]。在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)系の朝銀でも1990年代末からの破綻に関連し、多数の仮名・架空口座が作られ北朝鮮への送金や日本の政界工作資金として利用されていたことが発覚した[35][36][37]。2006年には、朝銀東京に架空名義で口座を開設し脱税資金を預金していたパチンコ店経営の在日韓国・朝鮮人の男性に対し、脱税の時効が成立した資金41億8千万円を公的資金で穴埋めする判決を最高裁判所が下した[38]。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA