研修でプレイヤー候補生たちを工場地帯のコンビニに連れていって、近くのバス停から降りてくる人たちを観察させるというのがある。疲れ果てた労働者を見せつけたうえで、「短期工として働いて10年食っていくことはできるだろうけど、その結果があの姿だ」とか言われると、いまの社会に閉塞感を感じたり未来を見いだせないと感じている若い層にとっては、露骨に行きたくない方向の未来を見せられた感じがしますよね。実際に工場で働く方々には失礼極まりないことではあるんですが、研修で使われたコンビニに自分も実際に行って、よくぞこのシーンを選んだ、と驚きました。ここで、根底にある差別感情を惹起させるわけです。「あんな人間になりたいの?」みたいな。でも、それが工場労働者じゃなくて、ホームレスの人たちだったら、ここまで効果はないなと。候補生たちも「ここまでは落ちねえだろ」って思うので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA