8.「あらゆる人への配慮」を捨てる

つまり配慮にも優先順位があるわけで、気をつけるべきは2点。まずは、キーパーソンを認識すること。そして、行動の最終的な目標を認識すること。キーパーソンを見つけて最終的な目標を認識し、配慮を行動に移す必要があるわけです。逆に配慮の仕方を間違えると、かえって誰かを傷つける危険も。(120ページより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です