ネトウヨに「中国は日本に攻めてこないよ」と言ってみた。 – Togetterまとめ

@hishikawachan 貴方の主張。中国は石油等のため今迄も領海侵犯を繰り返している。フィリピンでも侵略をしてるし尖閣を跨ぐ防空識別圏も。そしてこのような事がエスカレートし尖閣や竹島の実効支配に及ぶ事が考えられるが今は米との同盟という抑止力によって踏みとどまっている。OK?

@DFWPRIDE 中国の尖閣侵攻に対して在日米軍は抑止力にならない。抑止の根拠法である安保条約でも諸島部防衛は日本が行うとされ、米国軍による防衛支援行動は確約されていない。さらに中国が尖閣に侵攻することに国益は無く、国際社会における立場を悪化させる軍事行動に至ることはあり得ない

@hishikawachan さすがです!
更にそこから進めるならば、在日米軍は安保条約の6条にもあるようにアメリカのただ一つの目的は基地を、日本の予算で、日本の何処にでも置くこと。が最大の目的であり、今まで断続的に起こっている中国との摩擦は米軍が居ることを正当化する意味で歓迎すべき事で、軍需産業の肥やしにしかならない。中国がここまで発展してきたのは経済成長故であって軍事的な行動で世界の大国になったわけではない。その経済成長で世界に認められた努力を捨て、日本という資源の無い(とされている)小国に軍事的侵攻する事は到底考えられない。今まで日本に軍事的な脅威を実際に行使しなかったのはアメリカの力でも、核の傘でも何でもなく、大戦時代から脱却した中国と日本、世界の新しい関係性だというのが正しい見方でしょう。この論に来るまでには安保と2005年間2+2合意を正しく読み解かなければ到達できず一般に言われている同盟だから助けるのが当然という頭ではそこで思考停止になります。国民は外務省ページにある安保Q&Aのように詐欺的な言葉で騙されて、しかもNHKを代表とするマスコミにもフィルター掛けられ日々のニュースに煽られ根本を見直す事もなくなっています。

ネトウヨに「中国は日本に攻めてこないよ」と言ってみた。 – Togetterまとめ

copyxxx これはひどい
よくわかんないけどチベット、南モンゴル、ウィグルを筆頭に、台湾、韓国、モンゴル、ロシア、インド、ミャンマー、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、ブータン、ネパールあたりを見て学ぶわ。 2014/02/22 Twitterでのツイートを閲覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA