スキルを磨く人は、「スキルを磨けば仕事が手に入る」と思っています。つまり、

編集部が書く内容を決める→書く人を探す→手を挙げる→仕事の契約成立

というイメージを持っているのだと思います。しかし実際の仕事現場では、

記者から企画の提案→編集部で協議・決定→その人に仕事を頼む

というのが一般の流れなのです。つまり編集部で「このような記事を制作しよう」「次の特集はこんなテーマでいこう」と決まったときには、多くの場合、誰に頼むかはもう決まっているのです。

逆に言うと、編集部が求めているのは、「自ら企画提案ができる記者」なんです。
そして、プロ集団である編集部に対して「自ら企画提案ができる」ためには、編集部を上回る専門知識や、先取りした知識(こんなお店が流行っている!云々)が必要になります。

ということは、雑誌記者はオールラウンドではまず成立せず、自らの興味関心に応じて「強み」「特化した専門テーマ」が必要になります。スキルはその次の話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA