万引き客の顔写真、張り出し 大阪の鮮魚店が強硬自衛策

 【沢木香織、吉浜織恵】万引き客の顔写真を、店内に張り出す鮮魚店が大阪市内にある。1品1万円の「罰金」を払えば撮影は原則免除される。ちょっとやり過ぎではと忠告されるが、一向に減らない被害に、経営者は「やめるつもりはない」と強硬だ。

 「警告!」と題した店内の張り紙に、こうある。

 当店で万引き等の行為を発見・確認した場合、警察には通報せず、犯人の顔写真を撮影し、店頭に貼らせていただきます(無期限)

 「お小遣いかせげます!」という別の張り紙も。

 万引き行為を発見・お知らせいただくだけで1万円!!

 添え書きに「万引き犯の罰金(1品につき現金1万円)をそのままお渡しいたします」とも。

 5月下旬、30~70代の男女4人の写真8枚が、壁に貼られていた。魚やすし数点を万引きしたという。女性2人は「私は万引きしました」と書いたカードを持たされている。みなこわばった表情だが、撮影には抵抗しなかったという。

http://www.asahi.com/national/update/0525/OSK201305250023.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA