政治的な話でいうと、みんな知っての通りAppleはストアでアプリが売れれば売れるほど儲かる構造で、またそれをコントロールしたいと思っている。
Googleも似たようなことをしているけど、Googleは別にWebが盛り上がるでも広告収入があるからいいかな、と思っていて、ここに戦略的な違いが出来てるわけだね。GoogleはWeb(ただしFacebookを除く)に色々便利なコンテンツが出来れば、みんな検索して、広告で儲かるからWebを盛り上げよう!というスタンス。
ところがAppleはそれでは困る。あくまで便利な機能はアプリで提供されなければいけない。で、それを邪魔するのがFlashなわけ。何しろAppleにとってはアンコントローラブルな技術がリッチコンテンツをWebで提供しちゃうわけ。
ジョブズがFlashはオープンではないって言ってたけどあのオープンの意味は「我々がコントロールできるかどうか」って意味だからね。
HTML5はオープン、つまりAppleが色々コントロールできるんだよね。立場的にも直接意見も言えるし、Webkitで却下しちゃえば、その機能は広まらないし。半数のシェアでも、iOSが対応してなけりゃ、JSはそれ以上リッチにはなれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA