資生堂の「TSUBAKI」というシャンプーが登場した時のキャッチコピーが「日本の女性は美しい。」だったんですよね。シャンプーは全然関係ないキャッチなのに、爆発的な大ヒットになった。これは、セルフエスティームを高めたい、という日本人の深い欲望を理解したマーケティングなんですね。これって、今考えるとすごく理にかなっていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA