実は春先、イチローと一番身近に接している城島健司がそんな話をしていた。

「イチローさんと話をしていて、たまに感じることがあるんだけど、鈴木一朗は、イチロー選手を物すごく客観的にとらえている。だから例えば、イチローさんの中で、私服で野球のことをしゃべる時に、『おれが』ではなく、『彼はね』といいそうな雰囲気がある――」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA