テレビは大画面で高価になるほど市場を狭めていくだろう。ソフトウエア開発のコストが高騰するハイエンドゲームコンソールは厳しいビジネスになるだろう。PS/3が搭載したCellは特殊なアーキテクチャでソフトウエア開発が難しく、いかに性能が優れていても半導体として外販して成功することは難しいだろう。いずれも、教科書的な「イノベーションのジレンマ」そのものです。

一つの解決策としては、「そこそこ」の品質でより低価格なデジタル家電製品も併売して市場を確保しつつ、オンラインサービスで付加価値を提供することや、システムソフトウエアのアップデートで継続的に価値を高めていくことで顧客をつなぎとめる施策が考えられます。デジタル家電の価値を高めるには「サービス化」が最も重要といえます。そのお手本も当時すでにありました。iPodとiTunes Storeはこの時点で成功していたのです(やがて、iPhoneでさらに大きな成功を収める訳ですが、サービス化のモデル事例はすでに存在していた訳です)。

が、当時の職場ではそういう「後ろ向き」な話は周囲にまったく通じませんでした。大画面テレビでは外国勢が日本のメーカーに敵うはずがない、なぜならディスプレイデバイスの技術、画像処理の技術のノウハウの蓄積が全然違う、と思われていました。Cellの技術記事は読者に非常に人気があり、誌面では「これだけ半導体ががんばって性能を出せるようにしたのだから、ソフト開発者もがんばって付いてきて欲しい」という論調がまかり通っていました。

「デフレでしょ? デフレ下で増税すると、政府は減収になるでしょ? 政府の税収減らして、一体何がしたいのですか?
 
 これ↑は本当に増税推進派や財務省にとってキツイようです。何しろ、経済学的にそうだし、日本は97-98年に一度「増税して減収」をやっちゃってるし、今やユーロ圏でギリシャやイタリアなど、同じミスをしている国が出てきているわけです。とはいえ、本当に財務省にとってキツイのは、上記の事実が国民に知られてきているという現実だと思います。

tkr:

鬼束ちひろがTwitterを始める 「あ~和田アキコ殺してえ。」「なんとか紳助も殺してえ。」など、狂気に満ちすぎてて怖い : 2のまとめR

『時の商人』

その商人は時を売っていた。

「いらっしゃいませ。時はいかがでしょうか?1分から承ります」

ある男は商人から1時間買った。

1時間買った男は、

それを読書の時間に使った。

ある女は1週間買った。

1週間買った女は、

それを海外旅行に使った。

「10年欲しいのだがね」

ある老人は商人に聞いた。

「お客様、10年だと、すこし値がはりますが」

「かまわん。10年ぶんよこせ」

10年買った老人は、

それを病気の妻に譲った。

時に、ドラマを。
宝石 時計 長野

長野時計店のコピーが凄すぎる:じだらく-マーケティングが語りたいけど語れない人のブログ (via edieelee) (via skamio)

このタイミングで、このコピーが流れてくる。神様じゃないけど、どっかで誰かが見ている気がするときがある。

(via sawutwo) (via skamio) (via sesuna) 2010-08-26 (via gkojay) (via usaginobike) (via otsuri)

(via s-hsmt) (via kuenishi)

(via kotoripiyopiyo) (via clione) (via h-yamaguchi)

精神科通院者や自殺未遂の経験者あるいは児童虐待の被害者を取材しているとき、「正しい人が怖いです」という言葉をよく聞いた。社会貢献を志す方は、この声によく耳を傾けてほしい。

Twitter / 今一生

2011-05-19

(via mcsgsym)

うちはアダルトサーバー屋だが
電源通ってない3重バックアップに

1日 2週間 1ヶ月だな

DBは6時間単位を1セットで4*3=12重バックアップ(系統は3重)

差分・増分? 何それおいしいの?
フルバックアップだけです。差分・増分は容量と手間ケチってるだけだろ