『時の商人』

その商人は時を売っていた。

「いらっしゃいませ。時はいかがでしょうか?1分から承ります」

ある男は商人から1時間買った。

1時間買った男は、

それを読書の時間に使った。

ある女は1週間買った。

1週間買った女は、

それを海外旅行に使った。

「10年欲しいのだがね」

ある老人は商人に聞いた。

「お客様、10年だと、すこし値がはりますが」

「かまわん。10年ぶんよこせ」

10年買った老人は、

それを病気の妻に譲った。

時に、ドラマを。
宝石 時計 長野

長野時計店のコピーが凄すぎる:じだらく-マーケティングが語りたいけど語れない人のブログ (via edieelee) (via skamio)

このタイミングで、このコピーが流れてくる。神様じゃないけど、どっかで誰かが見ている気がするときがある。

(via sawutwo) (via skamio) (via sesuna) 2010-08-26 (via gkojay) (via usaginobike) (via otsuri)

(via s-hsmt) (via kuenishi)

(via kotoripiyopiyo) (via clione) (via h-yamaguchi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA