地デジだ高画質だと言ってる横で、若い子たちはYouTubeやニコ動の酷い画質の映像を「それが普通」として見ている。著作権者側が「音質」「画質」という価値を盾に権利を声高に主張し、守りを固めれば固めるほど、その価値は「不要」と判断されていく。本当は若い子たちにはもっと豊かな音で、もっときちんと聴いてほしいのだけど。でも、彼ら彼女らの今最も大切なWANTSを満たす選択はそっちだったわけで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA