うちの会社の場合、サービスを軌道に乗せるまでは受託開発をして、その資金をサービスの開発などに投資していくというモデルでやっていました。このモデルで資金を調達するとなると、地方はめっぽう弱いと思います。なにせ、地元発の受託仕事があまりないし、あったとしても売り上げは都市部より低いです。

逆に「サービスが当たらなくても受託があるからいいや」という考えに陥ることはないと見れば利点なのですが、それにしても受託による資金調達がしにくいのは事実だと思います。ヌーラボは東京に支店を据え、受託の営業、開発を東京で行っています。さらに、サービスの名前を知ってくれている方が増えてきたため、東京の企業様が直接地方の本社に受託相談をしてくださることも増えています。ありがたいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA