アップルは、やはりエクセレント・カンパニーだと思う。下請けに、品質は厳しく問うが、無理な値引き要求を一切しない。一方、日本の似非エクセレントでは、下請けイジメが評価され、経営トップにまで登り詰める。結果、ロクでもない製品を出し、下請けから搾り取った以上の大損をする。よくできている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA