■否決されたのに

結局、否決のために菅直人は退陣を空手形として切りました。
辞めるの辞めたと言い出しても今度ばかりは通用しないでしょう。
やればやるほど傷を深くするだけです。
不信任案が否決されたのに野党は菅直人を撃沈させた事になります。

可決されて総辞職されて他党との連立の口実を作るよりも
民主党はもっとも自分達が苦しくなる選択肢を選んだ事になります。

ピンチはチャンスなのですが、
菅直人はそういう場面において必ずピンチを広げる選択肢を選ぶのが実に巧みです。

菅直人は空手形だからと居座り続ける事を狙うでしょうが、
それを党内で容認すれば民主党全体が次の選挙で消滅に近づき、
党内で拒否すれば「なんのために信任したんだ」となります。
マスコミはそうならないように全力で擁護するでしょうが、
信任をしたという事実は非常に重い事です。

可決でも否決でもプラスの成果になったという点で
このタイミングでの不信任提出は正しかったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA