江戸ッ子の喧嘩は、現代の都会の巷に見られる血なまぐさい決闘とは大分ちがって、決闘ではなしに口喧嘩だった。

立て板に水を流したような、いわゆるタンカを切ることが江戸ッ子の喧嘩の時に出る言葉だったのだ。江戸ッ子は本気に怒った時でも、衆目の前でいきなりなぐりあったりはしなかった。

まずタンカを切る。

そのタンカが、人の意表をつくとてつもない言葉を発した。

すると、この言葉が聞いている周囲の町人たちをどっと笑わせた。

目的はここにあった。相手側も負けまいとしてタンカを切り返す。それがまた相手の意表をつくとっ拍子もない言い方をする。そして、このタンカに見物人が笑う。

つまり見物人の笑いの声、あるいはこれにともなう弥次馬のかけ声の多少によって勝負は決したのだ。

笑われることは、江戸ッ子にとって大きな精神上の損傷であったと見えて、笑われる側に追いつめられると、すごすごとその場から姿を消していくのが常だった。もし、覚えていろ、といった捨て科白ぐらいで止どめないで、腕力を振りまわすようなことがあると、かならず弥次馬の中から仲裁人が飛び出して、

そんな野暮なことをするなとたしなめられる。

江戸の華と言えば喧嘩だが実はほとんど口喧嘩だけで決着した | Kousyoublog

「粋 ⇔ 野暮」ベクトル復活、非常に希望

人間は脆くてカオスだから、こういう基準がないと陰湿や陰惨なカオスにすぐ落ち込む。「どんなに力や富があっても野暮なやつはダメ」というみんなの共通意識が、この頃はきっと自浄作用に繋がっていたんだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA