【人の話を全く聞かずに、自分が言いたいことばかり話す】
相手の話を聞くのは会話の基本。「話し上手は聞き上手」とも言いますからね。でも、こういう人たちは、会話に割り込んで自分の自慢話に持って行き、延々ひとりで話す。こちらはひたすら聞き役にされ、質問しても合いの手を入れても無視。“会話のキャッチボール”というより、“会話のドッジボール”になっている場合が多いです。会話する気がないなら植物かペットにでも話し掛けたらいいのでは?

【まず否定から入る】
これはかなり不評みたいですね。「違うよ」「いや」「でも」「ていうか」から話に入る人。話の主導権を握りたいだけなのか、それに続く言葉が別に否定でも何でもない場合も多い。こういう人と話していると、無意識下に嫌なイメージが植えつけられてしまいます。

【面白い話をするとき、途中で自分で笑いだしてこっちには何の事だかわからない】
面白い話をしている本人が笑いすぎて、聞いているほうが意味がわからないパターン。「昨日~ウフフッあのっ(笑)歩いてたらさ(笑)思い出すと笑える!」みたいな感じで言われると、最初は落ち着け!と笑いにつられますが、結局何が言いたいのか理解できず、「大変だったね」としか言えなくなります。

【相手の話にいちいち対抗したがる】
「~で大変だったよ!」という話に対して、「それならまだいいよ! 私なんかね~」と、すぐに会話の主導権を奪う人。先に話した人がシュンとするし、場のテンションも下がります。あと、別に会話は知識のひけらかし合戦じゃないのに、「○○知ってる?」とまくしたてる人。こっちが「知ってる」と言おうものなら、「じゃあ、○○は知ってる?」とムキになって喧嘩越しで張り合ってくる。疲れます。

【「それ“で”いいよ」「“けっこう”好き」など、すっきりしない言い回しを多用する】
何かを注文するとき 「それがいいよ」と言えばいいのに「それ“で”いいよ」と言ったり、普通に褒めればいいのに「“けっこう”美味しかった」と言ったり、微妙な言い回しが多くて、周りの空気を止めてしまう人。そのクセ直したほうがいいかも?

【他人に気を遣わせる自虐ネタが多い】
「私もう歳だからさ」とか「私太ってるから」とか自虐ネタ系ばかりの人。親しい間柄なら「そうだよね」とか言えますが、微妙な距離感の人だと「そんな事ないですよ~」ってフォローをいちいち入れないといけないから、気を遣いますよね。

【どんな話題に対しても批評や批判をしたがる】
単なる世間話を振っただけなのに、「あれはダメだ!」となんでもかんでも批評や批判をしてくる人。だからと言って、特に建設的な意見が出てくるわけでもなく、ただ一方的に批判するだけ…。気軽に話しかけるのも躊躇してしまいます。

【「ここだけの話」を多用する】
「「ここだけの話」が「ここだけ」なワケがない。」という本も出ていましたが、こういう言い方をする人に限って、どこでも同じことを喋っているもの。その他、「ぶっちゃけ」と言うのに全然ぶっちゃけてなかったり、「つまり」「要するに」と言うのに少しも要約されてなかったり、「逆に」と言いながらも全然さっきの話題と同じことを言っている。などのケースも目立ちます。

【詮索好きで、質問責めにしてくる】
とにかく矢継ぎ早やに「年齢は?」「家族構成は?」「血液型は?」「昨日何してた?」「給料いくら?」などとポンポン質問してくる人。「聞き上手」と「詮索好きの質問魔」は違います。芸能リポーターじゃないのだから、そっとしておいてほしいですね。ちゃんと相手が答えたら、その話題についてひとつひとつ膨らませていくようにしましょう。

【いきなり主語を言わずに話し始める】
開口一番「あそこって家何個あったっけ?」「900円くらいでよかったっけ?」 と言ってくる人。本人の頭の中ではストーリーがあるのでしょうが、聞いている相手は意味不明。こういう人には、いちいち質問の内容について質問しないといけません。

<例文>
A「こないだライブ行った」
B「誰の?」
A「○○の。そしたら客席に○○がいて、やっぱり噂は本当なんだと思った」
B「なんの噂?」

無意識にやってしまっている人は要注意!周りをイラッとさせるNG会話術 2009-05-22 (via podalirio, ichimonji) (via gladdesign)

これ書いた人天才

(via h2ospace)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA