アメリカでは「日本人が忍者の存在を否定するのは、忍者の存在が表の社会には隠蔽されているから」という考えにシフトしているらしいので、アメリカの企業との取引の際、偶然を装ってクナイや手裏剣を落としてみるといい。そして「このことは内密に…」とか意味深なセリフを言えば取引は上手くいくはず

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA