31日、フランスの衛生省(日本の厚労省に相当)は、「食べると人体に悪影響を与える食料」のリストに韓国の民族料理であるキムチを追加した、と発表した。
中毒性が高く、脳細胞にダメージを与えるとされる「カプサイシン」が多量に含まれている事が主な理由で、この発表と同時に韓国からのキムチの輸入が全面的に禁止された。

これについて、韓国の潘基文(パン・ギムン)外交通商相は「全く事実無根。もし有害だとしたら、なぜ韓国人は普通なのか。
我々が普通に食べ、そして生活出来ている事が、何よりの”安全の証拠”である。」と強い憤りを露わにした。

電網辻々噺: 強い憤りを露わに (via dita69)

■なぜ韓国人は普通なのかw

(via lovecake)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA