ブログの台頭

 いわゆるブロガーが台頭し出した頃、正直、「後から来たものにあっさりと超えていかれた感覚」があった。ショックだったのは、彼らがテキストサイトとは別の空気、世界、価値観を持っていて、しかも超えていくときに一瞥もせずという感じがしたことだ。
 ここに使った画像は、当時の私から見た“ブロガー”像である(もっとどんぴしゃのものがあったが、ライセンスが厳しかったので見送った)。テキストサイトの運営者に「ちょっとジャンプしてもらえるかな。写真撮るから」といっても誰も跳びそうにないが、ブロガーは跳ぶんじゃないか、しかも顔出しで、みたいな。それぐらい別世界の人間に見えた。
 サイトのデザインは垢抜けているし、テキストサイト界隈ではタブーのアフィリエイトもあり、コメント欄、トラックバックという交流ツールの存在も革新的だった。なにしろ一記事に一つあるのだ。当時のテキストサイトに、日記ごとにコメント欄をつけたら、「そんなに構ってほしいんですか。うざいです」とすぐdisられただろう。

 ブログから受けた、世代が変わった、時代が変わったというインパクトは、テキストサイト運営者が自分がやっていることを見直す動機としては充分だったと思う。

テキスト王 – テキストサイト衰退の原因 最終結論
当時ブログがどう見られていたか?という歴史的記述として素晴らしい!
実際には顔出しブロガーはそこまで多くなかったと思うのだが、そう思われる空気があったということか。 (via kanose)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA